So-net無料ブログ作成

未だ韓流ファンはいるのだろうか? [真理の探究]

朝鮮辛子.jpg

 う七年前になりますか。筆者がいわゆる『従軍慰安婦問題』を取り上げて、韓国とは随分とひどい国だと拙ブログ上にシリーズとして書いたことがありました。
 
 の時、筆者は随分と韓流というか韓国好きのおばさま方に、非難の集中砲火を浴びたものです。
 者に非難を浴びせたおばさま方が語っていたのはすべて感情論であり、韓国人の主張を鵜呑みにした自己の検証もないすべて受け売りでした。つまり自分で史実などを調べた訳ではなく、韓国の人々から垂れ流された話を、些かの検証もなく大袈裟な韓国人の感情にほだされて受け入れたものであり、そこに客観性も根拠もまったくありませんでした。
 うした人達を煽動しているのは、ソウルの『ナヌムの家』に行ってハルモニの怒りと涙ながらの訴えを聞いて、その言葉をすっかり信じてしまった人達です。何の覚悟もなく観光気分で韓国を訪れた
日本人のおばさん方です。筆者は常々、相手の言葉には真実もあれば嘘もあると考えています。相手に言われれば、そしてそれが重要な事柄であるならば尚更のこと、本当のことなのか、そうでないかを検証するにやぶさかではありません。
 して、調べた結果からすれば、日本人ならそのことを反省すべきだというハルモニの訴えを鵜呑みにする訳にはいきません。何故なら、日本は何度もそのことについて公式に謝罪もしているし補償もしているからです。そしてハルモニの多くがその補償金を何度も手にしている事実を筆者だけでなく日本人なら殆どの人が知っています。ハッキリ申し上げてその思いには理解を示すことはできても、日本人なら反省せよ、おおやけに謝罪すべきだ、というその言葉を鵜呑みにすることは出来ません。それに戦後世代にどうしてそれを反省などできましょう。自身がしても体験もしていない戦争責任やこうした諸問題についてドイツのように反省しろというのはお門違いです。こうした問題は国家間の条約や協定で補償も含めて解決を図るべきです。そしてそれを日本政府は既に終えています。であれば、後はそのハルモニの声に応えるのは韓国政府と韓国国民の役目です。これ以上こうした韓国の国内問題を国際的な政治問題にするのは間違いです。
 なみに、韓国の人々はソメイヨシノが韓国起源だと言って憚らないとんでもない国民性をもつ人達です。いわゆる『韓国起源説』です。筆者はそれを受け売りではなく実際に韓国に行って確認しました。もちろんそんなことを、のうのうと日本人に話して聞かせる観光ガイドを、筆者も含めた日本人の乗客が論破したのは言うまでもありません。それだけでなく、韓国人の品性を疑うような姿を筆者は何度も眼にしています。それは英国でもオランダでも、オーストリアでもドイツでもスペインでもポルトガルでも、そして韓国国内でもそうでした。どうして彼ら彼女等はああも公共の場や現地の人達を前に傍若無人に振る舞えるのでしょう。直近の出来事を挙げれば、今年の一月に見たリスボンの空港での出来事にはホトホト呆れました。男女二人の韓国人の若いカップルが、空港でジャージの部屋着に着替えて、便所サンダルで一夜を過ごしたのです。そればかりか、着替えることもせずに、ルーズでしどけない部屋着そのままで搭乗手続をしたのには驚きを禁じ得ませんでした。そこには品性や知性の欠片も見えません。こんな公私の区別も付かない馬鹿丸出しの振る舞いをしていたのは、欧米だけでなく東洋人も含めてこの韓国人のバカップル以外一組もいませんでした。
 

フーリッシュコリアンカップル.jpg

<これがその時の写真です。ちなみに上着はヨレヨレのスエットシャツでした>

 考を停止してしまった人間と筆者は対話をする積もりは更々ありません。時間の無駄でしかありません。それでそうした主張と考えに対してことごとく論破して一蹴した訳です。正直にその時の感想を言えば「ああ、こうした感情優先で無思慮な韓流フリークおばさんだからこそ、そこにつけ込まれ騙されてしまうのだろうな」と思ったものでした。
 ころで筆者は戦後生まれで戦争を知らない世代です。その私がどうして戦争責任を負ったり反省しなければならないのでしょう。日本は既に国際法に則って補償もしているし、声明も出しています。それでもまだ相手を非難して止まない人がいるのだとしたら、その事自体が不誠実で正義ではありません。千年恨などと言っているうちは、どんな言葉も嘘に聞こえてしまう筆者でした。少なくとも相手を非難し続ける人達と未来を語ることはできません。つまり正しい歴史認識を持つべきは、韓国政府と韓国人の皆々様方です。
 明博(イ・ミョンバク)韓国大統領が、平成天皇に対して元慰安婦のハルモニに土下座して謝れと言ったり、竹島に上陸した頃の話ですから、日本国民の過半がそのことに憤っていた頃の話です。
 者の意見に一々反発し、一方的な誹謗中傷を繰り返したその人達の、そうした空気にも動じないところは大したものだと捉えた方々もおりましたが、逆の眼から見ればこうした主張を筆者一人に対して大勢で寄って集って非難するだけでなく誹謗中傷するのは、公平な眼を失った頑迷で無知蒙昧な姿勢と映ったことでしょう。たぶんこの人達に日本という国を愛する気持ちはないのでしょうね。何だか日本人であることを恥じている空気さえ感じられた次第です。
 者は右でも左でもリベラルでもない、どっち付かずのハンパ者ですが、この国がどんな国であろうと日本人であることを恥じたことはありません。外国に行って、
こうしたことを聞かれた時には、きちんと日本人を代表しているという気概と覚悟を持って日本を擁護し正論で答えています。それで大概は日本という国の現状を理解してくれます。そうでなくても日本という国には疑問も残るが、あなた自身とあなたの言うことは信じるよと云ってくれます。もちろん十人十色ですから納得しない人もいますが、それに一々目くじらを立てたりはしない筆者です。
 っともそうしたことができるのは英語に堪能な妻君がいるお蔭ですが、しっかりした考えを持っているのは筆者なので、いつも筆者がそうした質問に答えている訳です。
 話を元に戻します。
 うした韓国フリークのおばさま方への筆者の一連の対応を見て、おとなげないという風に仰った一見公平な立場を装ったイソップ物語のコウモリのような人物なども登場し、その韓国批判シリーズの期間中、随分と愉しませて貰いました。

 ころで、そうして議論したおばさん方は、今でも韓国好きなんでしょうかね。そしてあれほど韓国を擁護していた方々は一体どこに行っちゃったんでしょうか。

 次回は二日後の7月28日の更新となります。

 記事の内容は、韓国との一連の問題についての起死回生の解決策を開陳する予定です。韓国政府にも文在寅政権にも蒸し返されもせず、後腐れもない解決策を提案する予定です。

 乞うご期待!

 ではでは皆様ごきげんよう。

 

nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 33

コメント 2

なかちゃん

もともとボクはあの韓流ファンというのが好きではないんです ^^
100%ウソで固めたようなTVドラマを見て、その撮影地まで出向いて行って、〇〇さま…などと声に出してるおバカなおバカな婆さまたちが。
ま、そんな婆さまたちを家に置いといて懸命に仕事を頑張っていた我が国のお父さんたちにも大きな責任はありますけどね(^^;
とにかく、一旦国と国との間で取り決めたことを何度も反故にするなんてのは、とてもじゃないが文化的な民族とは言えないと思いますよ(^^)

by なかちゃん (2019-07-26 22:16) 

U3

☆なかちゃんさんへ
 仰る通りだと思います。日本人はおしなべて日本人だという誇りがなく、自虐史的な考えしか持てないようになっています。
 私は、そうなってしまったのは日本の教育が間違っているからだと思っています。隣国との間にあった過去の出来事の良いところと悪いところも併記した上で、児童生徒に過去にあった出来事を踏まえて将来どうすべきか、どうあるべきかを学ばせるという教育なくして、未来志向の隣国関係などありえないと思います。そして大人達も一人一人がしっかりした考えを持たなければ、未来を担う子ども達を導くことはできないのだろうと思います。
 韓国は未来志向と言いながら、教科書では日本を敵国だとして児童を洗脳している国であり、日本の味方をするとバッシングされたり、地位や職を失ったり、下手をすれば死刑まである国です。そればかりか、千年恨を平然と口にする国ですから、それなりの突き放した対応が必要です。たぶん将来に渉って友好国にはなれないと思います。それは地政学的にも歴史的にも、そして日本製品の不買運動や、交流事業の一方的な中止連絡など一連の行動を見ても明らかだと思います。
 韓国人をひと言で表すならば、『コリアン・ウルトラ・モンスター・クレイマー(KUMC)』なのだと思います。
 しかし一々目くじらを立てても仕方がない民族なので、民間レベルでは静観するしかありません。
by U3 (2019-07-27 09:34) 

Facebook コメント