SSブログ

暫く休みます。 [正論!]

上野のお山のマンホール.jpg

<2022/03/20 上野のお山のマンホール。桜は開花宣言が出たばかりだった>

 またしても送信防止措置の連絡がSSのサポートから届きました。今回は昨年10月から12月までの、21もの記事について削除を求められました。相手はあの教育者のようです。証拠隠滅の為にTシャツ屋のURLが削除されて、そのアイコンが消失した事から考えても、どうやら彼らは連携して事に当たっているみたいですね。

 正直嫌になりました。

 送信防止措置を求めるその言い分を見ると、事実ではないことを針小棒大に騒ぎ立て、証拠や根拠も示さず唯々主観的に書いてあるだけ。根拠または証拠あるいは事実を元に述べている私とは大違いです。私は思うのですが、SS-BLOGとは、一切証拠も根拠も、更に言えば確たる事実も示さずに、こんな要求が堂々とまかり通るブログなのでしょうか?

 しかし現実にこうしてかの者の要求が通ったということは、SSのサポートはこの者の主張を認めたということのようです。その現実からすると、どうやら当ブログは、事実ではないことを並べ立てても、それを検証しようとはしないので、〇をついたモン勝ちのようです。

2022/03/30 21:30追記>

 分かったことがあるのでお知らせします。SS-BLOGサポートデスクでは、まずはブログ管理者に送信防止措置について同意するか否かの確認をして、その後で権利侵害があるかどうかの確認をするそうです。ですから送信防止措置の連絡をした時点では意思の確認をするだけだそうです。その後7日以内でも権利侵害の事実が確認されたら強制的に削除する事になりますが、その場合の判断基準は知らせないことになっているということです。<追記了>

 つまり送信防止措置依頼が来たら、その時点では権利侵害の有無よりも、同意するかしないかの確認をするのが先決なのだそうです。来た文面は依頼者の文面をそのまま被送信防止措置の相手のブログに送って、もし反論があるのなら、あとは規約によって当事者同士で話し合って解決して下さい。その間もサポートデスクは独自に権利侵害があるかどうか審査します、というスタンスなのだと思われます。

 何だか吐き気がして来ました。この一件の所為だと思いますが、ストレスが高じて持病の数値が軒並み悪くなっています。実は昨夜は一睡もしていません。そんな体調なので、ブログをこのまま続ける気は完全に失せました。こんなことで寿命を縮めたくはないしね。

 記事は既に非公開にしてあります。

 しかしこれは、相手の言い分を認めた訳ではなく当然反論はあります。何しろその主張には根拠がありませんし、明らかに事実と反した記述がなされていましたから。しかし何度も言うように、反論があるなら相手と話し合って解決せよというのがSS-BLOGの立場です。規約でそうなっているからという理由です。つまりどちらの意見が正しいとか、間違っているということには、一切関わりを持とうとはしないのです。

 しかし私はこの者と会って問題の解決を図る意思はありません。正直顔も見たくはない。根拠や証拠あるいは事実さえも示さずに、私がこの者を「誹謗中傷をした」とか「恫喝した」とか「大声で罵倒された」だとかいうような実際にはあり得ないことを、過去にそして今回も騒ぎ立てた人物だからです。まったく事実とは異なるコメントを書いて私を詰り、証拠も示さずに誹謗中傷したと言い張り、私の当該コメントを消して証拠隠滅を図った上でそうした不正な行為に及んだのです。

 そもそも私に「恫喝された」だとか「大声で罵倒された」などというこの者の主張を、SS-BLOGサポートの方々は、おかしいとは思わななかったのでしょうか。私のブログを見ればその辺りの経緯は事細かに書かれていますので、読めば分かるはずです。というより読まなくたって分かるはずです。何故なら、一度も会ったことも電話したことすらないのに恫喝されただとか、大声で罵倒されただとか実際あり得ないでしょう。そんなことも判断できない方々が担当者であるならば、問題が解決を見ることなど不可能ではないでしょうか。

 という経緯からしても無駄だということが今回の対応を見てよく分かりました。

 ですからこの者がツマラナイ意地を張って、私の記事が削除されたことを理由に自己弁護を再び試みようとしたり、勝利宣言めいた愚かな対応でもしない限りは対抗策は講じません。というよりハッキリ申し上げて不愉快なのでこの者と今後は関わりたくない。しかし事実ではないことは正そうとは思っています。しかしそれは今ではありません。

 それでも近日中に一度だけ、私の過去のコメントを交えながら短文を載せる予定でいます。

 しかしそれも確定ではありません。

 基本アホらしくなったので暫く休みます。というより短文の公開以外は当分の間更新はしません。

 削除要請の対象となっている記事は今朝7時過ぎに自主的に非公開にしました。勿論再公開もしませんし、このことに後悔もしません。しかし削除はしません。

 何故ならこれらは私に著作権のあるものだからです。いざという時のために証拠として保全する考えもあります。公開しない以上、SS-BLOGサポートも非公開とした記事の削除を強制することは法律上出来ない筈です。

 願わくばこの記事が、SSのサポートによって、強制的に削除されないことを望む。


nice!(69)  コメント(10) 
共通テーマ:

nice! 69

コメント 10

枝動

こんにちは。
お体治すのが先決です。
ストレス溜めないように、休んでください。

by 枝動 (2022-03-30 14:49) 

ムサシママ

ゆっくり休んでお大事になさってください
by ムサシママ (2022-03-30 15:44) 

八犬伝

よくわからんですね
ここの運営がすることは。
体調を、こんな事で崩されたのでは
たまったものじゃありません。
どうぞ、ゆっくり休まれてください。
by 八犬伝 (2022-03-30 16:36) 

Mitch

もしかしたら、nice!の数やアクセス数の多い
アカウントの声を優先するのかもしれんせんね。
お大事に。
by Mitch (2022-03-30 18:07) 

Ten

お疲れ様です。
たとえ少数でもU3さんを理解してくれている方がいるのであればそれで良いと私は思ってます。
そうでない者の相手をしても何も得ることが無いのは良く理解できたと思うので。(時間の無駄ってやつです)
ゆっくり休んで体調整えてくださいね。
by Ten (2022-03-30 19:19) 

Enrique

残念な事です。
性質の悪い阿呆は相手にしないのが得策かもしれませんが,SSのサポートも同類ではイヤにもなりますね。論理的にあり得ない嘘を認めて,削除要請とは,自らバカ宣言しているということでしょう。
世の中,まともな理屈が通る人が少なければ衰退するのみです。
この記事まで削除なら,完全にお里が知れます。
by Enrique (2022-03-30 21:38) 

風神

サポートデスクは、まず依頼者の文面を精査確認すべきじゃないでしょうかね。
ゆっくりお休みください。
by 風神 (2022-03-30 21:45) 

Baldhead1010

U3さんへ
体調が芳しくないとのこと、心配しております。
ここ何ヶ月か、SSブログにかなりの精魂をお遣いになられたことでしょう。
毎回毎回の長文、自分ごときの凡人には、とても真似のできることではありませんでしたし、載せられた個別の真贋については、U3さんの正義感により明白になったことは、間違いでないことと思っております。
ただ、私個人としては、かなり「過激な」書き方であったとも思っています。
また、U3さんのコメント欄には私を含め多数の方が、「そうだ!そうだ!U3さんの言うとおりだ!もっと書け!もっと書け!」とその「過激さ」を煽ったきらいもあります。
その「過激さ」により、相手はU3さんに貶められたと、ひどく怨んでいるやに思います。
人の怨みは怖いものです。人を呪わば穴二つといいます。双方にいいことは何もありません。
ここでU3さんは自発的に怨みの根源を表舞台から消しました。
お休みの間はこのブログのことを忘れ、心穏やかにお過ごしください。
最後に、自分自身、「U3さん、ちょっと過激じゃないですか?」と意見できなかったことを反省しております。
by Baldhead1010 (2022-03-31 08:36) 

U3

☆Baldhead1010さん、こんにちは。
頂いたコメントに返信しないつもりでおりましたが、他ならぬBaldhead1010さんから忌憚ない意見を頂いたことへの返信、並びに感謝の言葉としてこれを書かせて頂きます。
過激とのご指摘、謙虚に受け止めたいと思います。
過激であるという自覚は元々ありました。こんなことをしてはいけないという認識も持っていました。しかし(自分を肯定する訳ではなく実際にも反省しきりではありますが)、それでも書かざるを得なかった事情はご理解願いたいと思います。
もちろんそのことをBaldhead1010さんは、重々承知の上で上記のコメントを書かれたものと理解しております。
ですが、事情を知らない多くのブロガーにお伝えするという観点から、どうして過激にならざるを得なかったのかというその理由だけは改めて述べておこうと思います。
それはこの男が「悲しい出来事」という記事の中で、(今は非表示になって見られませんが)、事実とはまったく異なった虚偽の記述をして、私を貶めようと画策したことに原因がある訳です。これこそ名誉毀損と侮辱そのものだったのです。実際この記事の文面を読んだ時、私は瞬時に怒り心頭に発し、体がわなわなと震えたくらいです。
その「悲しい出来事」という記事の中で、私は事実ではないこんなことを書かれました。

>(ワクチンを)打たないような人が塾で教えるなんて非常織で子供が可哀想だと言う論調で時に汚い言葉で愚弄しています。
>自分と違う考え方に対して激しく罵倒する彼の論調は許されないと思います。
>私のblogはデマをばら撒き社会的に問題だから行かないようにとまで論じています。

これらはすべてこの者によってねじ曲げられた、事実とはまったく異なる虚偽のコメントです。それこそ被害妄想そのものです。私が書いたあの文章を読んで、どうしてこういう解釈(これこそ曲解の典型例)になるのかという率直な驚きと、その尾ひれが付いた嘘の形容詞のオンパレードに正直掃除機(洒落です)途轍もなく腹が立ちました。
そもそもこの者と面識はないし電話で話したことさえないのに、<時に汚い言葉で愚弄しています>とか、<激しく罵倒する彼の論調>、あるいは<私のblogはデマをばら撒き社会的に問題だから行かないように>などという記述は事実とは異なるし、現実としてもあり得ない訳です。ほんの数行のコメントだけで、次から次へとこれだけの妄想を膨らませられる人物に、私は初めて出会いました。
拙ブログの記事やコメント欄のどこにもにもこんなことは実際書いていません。それは私のブログを訪れた多くの人達が確認しています。つまりこの記述はこの者の被害妄想から生じた嘘八百なのです。
私は遠回しに、この者のそれまでの行為を諫めて、反省を促したのです。しかしその思いは届かなかった。そればかりか逆恨みまでされたという訳です。だとしたら、そこに事実をありのままに見つめて、自省(反省)できないこの者の本質が現れているのは明らかというものでしょう。
しかもそんなことをした理由は明白です。
保身の為に、虚偽の事実を述べることで自分を正当化しようと画策し、本当は自分こそ加害者なのに(私がこの者を「誹謗中傷した」という嘘を付いて、私に冤罪を押っ被せた過去があります)、被害者を装って私を加害者に仕立て上げようとしたのです。つまり冤罪を画策し、私を貶めようとした訳です。
だから私は怒った。

それが過激になったことは自身認識していますが、自分のこの瞋(いか)りの感情を否定しようとは思いません。

実は他の方からもその(「過激」とか「行き過ぎでは」という)指摘はメールで頂いておりましたが、私の瞋りの感情がそれに勝ったというのが、送信防止措置にまで発展してしまった真相です。
だから甘んじて送信防止措置に同意して、措置を取られる前に自主的に記事を非表示にしたのです。もちろん私の著作権を侵害されてなるものかという思いもありました。
私は今でもこの者がした事を赦していません。たぶんこの者がSS-BLOGに存在する限り、この者を許すことは決してないでしょう。
Baldhead1010さんと、このコメントを読まれた方々にお伝えしたいことはそれだけです。
後一回を除いて、それ以上しばらくは記事を更新しないのは、この瞋りと悔しさを鎮めるためです。それと同時に、今回の件で一敗地に塗れはしましたが、捲土重来を期すその準備期間と理解して頂ければ幸いに存じます。
私は必ず復活します!
by U3 (2022-03-31 15:55) 

ライス

こんばんは。
(某運営さんも含め)まともじゃない人達を相手にすると過剰にストレスも溜まりますね…
まずはごゆっくりお休みください。
SSブログは(世の評価とは全然違って)こんなだったのかと、
退会(移行)も考えていたところに上乗せされましたが、
まだまだまともなブロガーさんや交流のあるブロガーさんもいらっしゃることを、
こちらのブログで認識できて感謝しておりますので、復帰をお待ちしてます。
by ライス (2022-04-01 02:06)