SSブログ

我が家の新聞はネトウヨの標的になりやすい東京新聞♡ [essay]

ジブリ倉庫1.jpg

今朝、東京新聞の一面は、表裏とも一面広告のジブリパークの開園広告だった。

たぶん三大新聞にも同じように広告を打っているのだろうな。

そう思うと、相当お金が掛かっているのだろう。

見ての通り、左上に東京新聞と書いてある。

他紙ではここに各自社名が書かれ、読売、朝日、毎日、産経、日経などと記されるのだろう。

ところで私は以前、或るネトウヨさんに東京新聞を購読していることを揶揄されたが、

『東京新聞を舐めんなよ!』

という趣旨で、徹頭徹尾反論したのであった(@^▽^@)


案内図.jpg

今回は巨大なジブリ倉庫がオープンするらしい。

倉庫と名がつくと、なんだかコストコ・ホールセール(コストコ倉庫店)みたいである。

以前から、愛・地球博記念公園の跡地に建設されていることは知っていたがいよいよオープンか。

ところで皆さん、愛・地球博の開催期間中に会場に行きましたか?

私は母と妻とで2泊3日掛けて車で行きました。

父は亡くなっていて、母も家に籠もりがちだったので、外に連れ出したという次第です。

当時は会場のひとつの瀬戸市に窯元の知人がおりましたのでね。

片道7時間半、高齢の母を乗せていたので安全運転で行きましたよ。

当時はゼロ・クラウンでした。

まあ、車は足だと割り切っているのですが、しかし乗っていると愛着も湧くというもの。

でも、今の私には車にこだわりも執着もありません。丁寧に乗りますけど、特に拘りはない。

それ以降2台ほどハイブリ車を乗り継いでいますが、愛着はあるけれど執着はまったくない。

何たって足ですから、実用に足ればそれで良いという考え。

だから10年乗り続けることもあるし、支障が出たのでたった2年で手放すこともある。

手入れも小まめにと言うよりは、程々に・・・という感じかな!

と、言いながら今の車は、健康第一で公的交通機関と徒歩を移動の基本においたせいか、

1年3ヶ月あまりで1700kmしか走っていない。

そのせいで2回バッテリー上がりました(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v

そうは言っても、生身の足だって手入れは必要だからメンテはする。

しかし見た目を気にしたりはしない。必要かつ十分な処置をするのみである。

ゆえに車が多少凹んだくらいで、気分まで落ち込んだりはしない。

ものごとはなるようにしかならないし、なった時には既に時遅しというのが殆どだからだ。

物事はいざとなれば達観して見るしかないだろうと思う。

ジタバタしても始まらないのだ。これを車ではなく人に擬えてみよう。

たとえば、いい歳をした初老の男が、エステでシミ取りレーザー治療などしないのと同じだよ。

四十を過ぎて自分の顔に自信がないなら諦めることだ。

恨むなら、己のそれまでの来し方(過去の生き方)を恨め、顧みろと言いたい。

男でも女でも顔とはそういうものだ。幾ら表面を取り繕っても隠せない。

ゆえに真実(ありのままの自分)を隠して、見た目だけを繕ってどうなるものでもない。

況んや六十を過ぎてをや!!

虚飾や嘘で真実を隠蔽するのは、中身がないのを自らが世間に曝け出しているようなもの。

恥を知っている私ならそんなことはしない。

だが現実には、そんな愚か者がゴマンといる。

その他にも、「俺ってストイック」と嘯きながら、実は〇誑しという何処ぞの誰かさんもいたね。

その誰かさんの一人である、くだんの車(しかもセダン)大好きというこの男、

ご存じかどうかは知りませんが、過去には違法フェイクニュースを散々垂れ流していました。

それが今ではどうだろう。

批判的な私がブログから離れたのを良いことに、良識派ぶってご大層な記事を書いている。

相も変わらず、自分に都合の悪いコメントは承認せず、世間の目から覆い隠す狭量さは健在の様だ。

そんな、自由な言論を封殺するこの男に、民主主義や政治を語る資格などない。

政治家だろうが他のブロガーだろうが、良識ぶって他人を批判する資格など元々ないのだ。

それなのに、ああそれなのに、真実が明らかになるのを恐れて、

誹謗中傷でもない正当な批判を、過去も今も世間の目から隠すに至っては、何をか況んや。

良識ある批判はあくまでも合法であり誹謗中傷とは違う

味噌も糞もすべて誹謗中傷に思えてしまう、その歪んだ思考をまずは改めるべきであろう。

それをこの男が否定するのは、今も昔も隠したい何かがあるからなのだろう。

しかし幾ら取り繕おうとも、非合法な過去の所行を隠し果せはしない。

否定しようが、削除しようが、過去は決してなくならない。

動かせない証拠(法的根拠)があるからね。

人は過去を一生背負っていかなければならない。それに過去があるから今があり未来がある。

だからこそ今を大切に生きなければ、いずれは後悔する羽目に陥るであろう。

そうでなければ未来はない。

ゆえに・・・一旦羽目を外したら、いつでもその証拠を明らかにしてあげようと思う( ̄∇ ̄)

私は嘘と欺瞞が大っ嫌いだからだ。

件の如く、それでもこの者は自分を取り繕うのに余念がない。

しかしこの男、誤字脱字だらけで日本語も真面に解せないのに文学賞を狙っているという。

まさに噴飯物ではあるが『身の程知らず』という言葉が、妙にピッタリくる感じがしたものだ。

現実にも、この男に他を凌駕するほどの傑出した創造力はないのではないか。

過去記事を見る限りにおいては、そうとしか思えない中身がない記述しか見いだせないからだ。

オリジナル性は乏しく、他から借用したものばかりで、自分のネタがないとしか思えない為体。

だから他からコンテンツを持って来て、それをさも自分の意見であるかのように記事にする。

これが小説や論文なら、明らかな盗作と判断されるレベルも多々あったように思う。

過去にはフェイクニュースであるばかりか、盗作等の違法ですらある記事を平気で記載していた。

それを指摘されると、(該当記事を削除した上で)、誹謗中傷だ、名誉毀損だと大騒ぎ。

相手にそれこそが名誉毀損だ!と追及されると、徒党を組んで寄って集って陰湿に攻撃する。

思うにこの男、人目のないところで画策するか、徒党を組まなければ、

自分じゃあ何一つ出来ないARCな(『根性が円弧のように曲がった』の意)男なのである。

それこそ阿呆に付ける薬はないことを実証していた。←私見です!

レーザー治療で見た目だけ繕っても中身までは変えられない(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v

・・・そういえば、愛・地球博に車で行ったことで思いだした。

この御仁、車を暴漢に襲われて凹まされたことを、過去3回も記事にしていました。

同じ記事をほぼ同じ内容で、何度も何度も書いてnice!を獲得しているその浅ましさ。

二番煎じ、三番煎じで同じ内容の記事を何度も新記事であるかのように偽装して、

そうしてアクセス数を増やして金儲けする方法を、

一味でお師匠サマであるS**Iサマサマに伝授されたに違いない[むかっ(怒り)]

でも私から言わせれば、思考力が停止していて尚かつ倫理意識が欠如しているとしか思えない。

結局他の多くのブロガーにとっては楽しみでしているブログも、

この男とあのトップブロガー連中にとっては金儲けの道具でしかない訳!

それもこれも同じ記事を何度見せられても、何の疑念も懸念も抱かずに、、、

只々無批判で、自分のブログにこの者らからnice!が押されたら、

条件反射的にお礼nice!を押すパブロフの犬的ブロガーがいるからだろう。

批判を恐れて言論を封殺し、その一方で善人ヅラしてチンケに金儲けをするその浅ましさ、

それを可能にしていたのがブログオーナーの承認なしにはコメント出来ない設定だ。

つまりこの便利機能も、この男にとって都合の悪い指摘や批判を抹殺する悪用的機能でしかない。

それがこの男の真実というか、素の中身というか、本性であるように私には思えてならない。

事実を指摘する私に対して、己を一切顧みることなく、証拠を隠滅して逆恨みまでしてたからね。

事実(己がどんな人物なのか)を直視できず、ただ逃げ回ってばかり。現実にも・・・、

自分より強いと思う者(この者の主観でしかないけれど)には、おもね、へりくだり、

自分より下だと思う者(これも幻想です)には、無視するか意地になって、

誹謗中傷をされたとか名誉毀損だとか大騒ぎして、相手を貶めていたのが何よりの証拠です。

まあそんな勘違いをするのも、欲に目が眩んで、人見る目がなくなっていたから鴨( ̄∇ ̄)

この男本当に人を見る目がない。しかも『強きを挫き弱きを扶ける』の真逆を行っていた。

それが証拠に、同じ批判をしても、ま2〇〇2さんには、誤解ですと必死に言い訳を重ね、

その一方で私には反発し逆恨みまでして、嘘満載の記事を書いて反論というか反発していたねぇ。

しかしてその実体は、形勢不利となるとその記事を削除して証拠隠滅を図る小心者。

こんなことを何度も繰り返していたあの塾〇〇者は、喉元過ぎれば熱さ忘れるの譬え通り、

私が何も言わないと思って元のハンドルネームに戻っているらしい(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v

それもこれも小心者ゆえに感情が内向し、偏執的にならざるを得ない気質だったから←私見です。

言い分があればすればいい。表立っては何一つ出来ないだろうけどね。

元の話に戻しましょう。・・・という訳でこの男、車に対する執着心が殊の外強い。

それを裏づけたのが、車を傷つけられたと手を替え品を替えて嘆く、一連の記事な訳です。

それら記事や過去の言動を見るにつけ、粘着気質なだけでなく被害妄想癖もあるんだろうな。

損害賠償請求ができないのを、2年以上経った今も幾度も記事にしてるのがその何よりの証左だ。

これは私の考えだが、どうにもならないことにいつまでも拘泥するのは愚か者のすることだ。

要するに、論理的かつ合理的な考えが出来ないことを、自らが証明しているようなものだからだ。

一つのことにいつまでも拘泥するとそればかり。他に目が行かない。

つまり狭視野に陥りやすいということだ。それは狭量であることの証明でもある。

そのように、気持ちの整理がいつまでもつかないのは、愚かで弱い人間だと知るべきだろう。

どうにもならない私事を何度も記事にするのは、実はとても恥ずかしい行いだと知るべきだろう。

私に言わせれば、事物に拘泥しなければ、進退も自ずと決まると思う次第です。

人は清く潔くあらねばと思う。

だから私はブログ更新をしなかった。言い訳もしなかった。当然嘘は一度もついていない。

まあ正直言えば、こうしてSSブログに戻って来ると今でも怒りがフラッシュバックするけどね。

だからこそSSブログからは距離を置いた方が良いと思っている私です。それに・・・、

意識低い系の人達が過半なSSブログを、正義感だけで続けても意味がないと悟ったよ。

前から読んでも後から読んでも、同じ読みになるのを『回文』という。

その回文で、知る人ぞ知る「よのなかばかなのよ」

まさにこれがこの世の真実なのよ(^0^)

今の世の中、馬鹿ばかりなのさ。それで馬鹿を相手にしてもしかたないと悟った訳。

だから一旦冷却期間を置いた。

一方のこの男はそうは思わなかった。

続けることで自分を正当化しようと思ったようだ。しかもその主な理由が金儲けの為( ゚Д゚)!

オーナの承認なしにコメント出来ない設定にして、いつでも都合の悪い言論は封殺できる。

独り善がりの記事を書いても、それを誰ひとり独り善がりとは言わない。言えない!

そういう偽善的環境を構築した上で、その後ろめたい過去を精算しようと考えたのだ。

それにしてもこの男、車に限らず己の鬱憤やハリボテ記事を、いつまで書く積もりなのだろう。

旧車はマーク〇だったらしいけど、そんなだから正規のT〇〇〇TAディーラーに相手にされず、

挙げ句の果ては他のディーラーに泣きついて、とどのつまり不人気外車を掴まされたらしい。

私から言わせれば貧すれば鈍す。まさに自業自得である。

であるからにして、外車だ、ド〇ツ車だと、この男のように自慢してどうなるものでもない。

それにエコノミークラスだしねぇ。

それなのに、ああそれなのに、この経緯を何度も、しかも自慢げに書いているのはオメデタイ。

ところで記事を見る限り、1年半以上もあちこちのディーラーに足繁く通っていたらしい。

その、ある意味情熱というか、執念深さには恐れ入るしかないだろう。←あくまでも私見です。

それはどんな考えに基づいたものなのか、私なりにこの男の思考パターンを分析した訳です。

結果、事件の顛末をしつこくディーラーに話して同情を託つ作戦、のように私には見えた訳です。

あわよくば廉価で購入したいという魂胆が見え隠れしている、と思うのは私ばかりであろうか。

しかし、それでベ〇〇Aシリーズセダンというカスを掴まされては何をか況んやという感じ!

因みに東〇経済のニュースを見ると、そのセダンは、独車の中でもいまや完全な負け組らしい。

B〇WやAu〇iのエコノミーバージョンの販売は好調なのに、Aシリーズだけ絶不調。特にセダン!

だから国産車並みの廉価で買えた訳。それも知らずに買ったのが後の祭り。

しかも『煽り運転専用車』ともいえる、カラーは『黒』だよ!・・・まさに不人気車だ。

そういえばこの男、思わず事実と異なる事をまき散らすくらいセダン好きクルマニアらしい。

なにしろ『私の車遍歴』というもう一つのブログの過去記事(今は削除されている)では、

それこそ過去20数年間に、『50台も乗り継いだ!』と、うそぶいていた暗いDEATH。

ホント加代って感じ!!!・・・

1年で2台以上乗り継ぐって相当な資産家なのね。知らんけど!(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v

その拘泥した思念というか執着心は、殆ど『〇常』とも呼べるものだと、私には思えます。

ご存じですか?

この塾〇〇者さん、過去に新型コロナウイルス関連記事でも、散々触法記事を書いていました。

他からリンクの切れたフェイクニュースを持って来て、ただ垂れ流すだけでは飽き足らず、

著作権者に無断で掲載しただけでなく、さも自分の考えであるかのように改ざんしていました。

これは明らかな著作権法違反だと書いたら、結局38もの記事を削除するってどういう了見?

そんな訳でこの御仁、記事を違法に捏造したり改ざんしたり、それこそ平気でしていましたよ。

それで多くのブロガーを欺いたり、不安を煽っていましたね。それも自己正当化を図るためにね。

『意識低い系』の人達はこれに騙されて今に至っているのだろうけれど、

言ってみれば騙す方も騙される方も持ちつ持たれつ、実に『なあなあ』の間柄。

意識低い系の、これと言った信念や倫理観のない、お仲間同士で入るぬるま湯は、

さぞかし気持ちの良いものなのだろうね。知らんけど!・・・と言うより知りたくもない!

これじゃあSSブログ良くなる訳ないよ。

挙げ句の果ては、実際にはありもしない嘘までついて、他人を陥れ己の保身を図った訳です。

この者は、私が誹この者を謗中傷したと事実とは全く逆の虚偽記事とコメントを書いたのですね。

また、(誰とは言わないが)それを信じた馬鹿が大勢いる。

しかし、これって私ではなく、この男の方こそ、モノホンの名誉毀損をしていた訳です。

その後も嘘に嘘を重ね、それを指摘される度に該当記事を削除して批判を躱そうと画策したよね。

自分では何も出来ないから、仲間を募り、徒党を組んで、影で蠢いた結果、

最後はトップブロガーを巻き込んで、更に言えばSSブログ〇〇〇〇デスクを丸め込んで、

私の言論を封殺したというのが真相です。

その事実からすると、本当に卑劣なブロガーだと、今でも思っています。

しかしそこで頭に血が上らなかったのは幸いでした。

『ヨノナカバカナノヨ』・・・それが世の中の真実と思えば腹も立たない。

しかしその証拠はすべて保存しています。ただ今はそれを明らかにしようとは思わない。

皆には何度も述べてはいるから耳タコだろうけれど、共馬鹿になるつもりは更々ないのでね。

ここで未来への戒めとして忠告しておきます。

これはこの男だけに限った話ではありませんが・・・。猫のアメショーアイコンの、、、


捨〇腐・〇裂きさん、嘘は泥棒の始まりです!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


まあ、批判と揶揄はこんなところでおしまい。

聞く耳を持たないだけならいいけれど、逆恨みする相手に何を言っても始まらないしね。

体の健康も取り戻しつつあるし、未来を見据えて心の健康も保ち続けなければ!

そのためには(過去をけして忘れてはいけないけれど)過去からはいつしか脱却しなきゃね!

だから・・・、記憶力は人後に落ちないけれど、時には忘却も必要かなと思うのですね。

それからすると、本音を言えばSSブログと距離を置くのが一番良い。

それにはこの場所から卒業(離れること)が得策かと、・・・そう思う今日この頃です。


かしこ?・・・(女性でないけど)

<2022/11/02 10:00加筆・修正しました>

 次回があるかないか分からないけど、そろそろ心の方のデトックスもしなくちゃ。それにしても、気持ちを切り替えて、この半年心身ともに健康でいられたのは僥倖だったとつくづく思う。それもこれも、SSブログから遠ざかっていたお陰かな!

 自然の一部である人間は、その摂理によって、安易な方安易な方に流れる様になっている。そして、ブログはけしてバーチャル空間ではない。現実の社会の一部です。だから社会で今起きていることがここでも当然起きている。ゆえにいつまでも傍観者でいられるという保証はどこにもない。であれば、いつどこであなたも当事者になるか分からないと、この一連の出来事を顧みて思うべきではなかろうか。

 見て見ぬ振りという事勿れ主義、二極化とそれに伴う考えの異なる者達間の対立、そこで展開される憎悪と言葉も含めた暴力の横溢。陰謀説など一体どういう発想から生まれたものなのだろう。私には陰謀説を唱える方こそ陰謀を企てているようにしか思えない。私にしてみれば、実にアホ臭い根も葉もない話だが、トップブロガーもこの塾〇〇者も、私の指摘や批判に対して陰謀説を唱えていたね。この一例を見ても、頭が世の中の悪しき風潮に毒されているとしか思えない。自分の考えがないのだろうか。

 そんな嫌なことばかりではないが、あらゆる人々の営みがここには現れていると思う。

 だからこそ思うのだ。自戒は必要であろうと。

 ゆえにこのことを肝に銘じて自戒して欲しい。

水は低きところに流れ、人は易きに流れる。

朱に染まれば赤くなる。

 これら箴言を肝に銘じ、自分を律することは大事です。

 堕落は保身の為に嘘をつくことから始まります。そのことを肝に銘じて皆さまも生きて行かれるならば、けして未来が暗くなることはないと信じています。

 であるからにして、これからも〇〇供から健康でいられる距離を保とうと思う。(*^_^*)アハッ


nice!(179)  コメント(31) 
共通テーマ:

nice! 179

コメント 31

U3

☆xml_xslさん、訪問ありがとうございます。
by U3 (2022-11-01 18:26) 

U3

管理ページの記事管理タブを見ていて、ひょんなことを発見しました。
ml_xslさんのnice!って、閲覧数にカウントされないんですよ(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
オモシロ♡
by U3 (2022-11-01 18:48) 

枝動

こんばんは。
愛・地球博は、行かなかったです。
若い頃は、何事にもよくこだわりました。勿論、車にも。
今は、こだわらない心、とらわれない心、空の会得を目指しています。^^;
by 枝動 (2022-11-01 21:57) 

風神

卒業と言わずに、たまには言いたい事を書いてください。
そして、付き合える人だけと交流してください。そうすれば、心身ともに害することは無いと思いますよ( ̄ー ̄)ニヤリ
by 風神 (2022-11-01 23:41) 

たいへー

地元の中日新聞にもでかい広告が載っていた。
何事かと思ったよ。^^
by たいへー (2022-11-02 07:41) 

Enrique

久々の痛快記事ですね。
続き記事の方が面白いですね。
nice!問題に関しては私も同じ様な経験があります。閲覧数がゼロなのにnice!だけついているという怪現象。私は人を疑わない人間???ですのでシステムの問題だろうと考えています。
by Enrique (2022-11-02 08:36) 

U3

☆枝動さんへ
 私も若い頃は、いろいろと拘りがありましたが、今は個人の尊厳を擁護するとか、生き甲斐を求めるとか、そういったごく個人的なことの他には、拘泥するものは余りありないように思います。つまり、それ以外は、殆どどうでも良いとさえ思っています。
 人生、『色即是空 空即是色』、そして”Let it be” です。形や色のあるものは何れは無になります。その逆もまた真なり。そして、なるようにしかならない。
 これからの人生、風のように生きられたらと思っています。
by U3 (2022-11-02 13:37) 

U3

☆風神さんへ
 現時点で、SS-BLOGを継続することに殆ど意味を見いだせません。そしてこれからもそうだと思います。
「こんなことに時間を費やすなんて阿呆らしい」という想いが、遣っていても頭を離れない。無駄な時間だなあと思う訳です。誰も明日以降のことは分かりませんが、残された人生とその時間を考えると、自分の遣るべきことを第一義、そして最優先すべきではないかと考えています。余生を考えると特にその感は強いように思われます。
 よって時間が余って、尚かつ気が向いたときにしかしないと思います。仲の良い気心の知れた人達との交流は楽しいですが、仲良し俱楽部的雰囲気は元々好きじゃありません。批判を受け入れ、時に議論をするような環境に身を置くことは必要だと思っています。
by U3 (2022-11-02 13:48) 

U3

☆たいへーさんへ
 中日新聞にも載っていましたか。なかなか良さげなところですね。
 久々に行ってみようかしらん。
by U3 (2022-11-02 13:49) 

U3

☆Enriqueさんへ
 お久しぶりです。前回もコメントありがとうございました。
 これ以上記事を書く気は余りしないのだけれどね。ついついアイロニカルというかシニカル書き方になってしまうので( ̄∇ ̄)
 SS-BLOGの評価システムがどうなっているのかは知りませんけれど、nice!や閲覧数が殆どなくても、テーマ別ランキングで常に1位なんて御仁もいらっしゃりますし(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
by U3 (2022-11-02 14:01) 

八犬伝

昨夜拝見させていただいたのですが
手元に新聞が無かったので、書き込みが遅くなりました。
我が家もネトウヨが嫌う朝日なのですが
ジブリパークの広告は、一切ありませんでした。
この2面にも亘る広告は
東京新聞=中日新聞
という地元愛からのものなのでしょうかね?
もっとも、広告費も朝日・読売・日経に比べ
他紙は比べ物にならないほど安いので
そうしたのかもしれません。

よのなかばかなのよ
その通りですね
何も変わらないですよ。
by 八犬伝 (2022-11-02 20:46) 

なかちゃん

毎日の新聞は地元紙のWEB版で読んでいるので、記事のレイアウトとかは見てないんです ^^
ボクも齢六十を過ぎていますが、今自分に起きてる現象は全て自分の過去の行いが原因と考えています。
それは今更どうしようもないことなのですが、それでも今からでも大人の行いをしておけばと考えて行動するようにしています(^^)

by なかちゃん (2022-11-03 07:24) 

U3

☆八犬伝さんへ
前から読んでも後から読んでも、同じ読みである回文には、他にもオモシロイものがありますよ。
案外真理を突いているなと思うのですね。
ところでこの「よのなかばかななのよ」は、日吉ミミが昭和53年に発表した、『世迷い言』のサビの、有名なフレーズだったそうです。
よく覚えていないのですが、一世を風靡したとか。
by U3 (2022-11-03 12:23) 

U3

☆なかちゃんへ
因果応報は仏教から来た言葉ですが、日頃の行いが如何に大切かということを示した箴言だと私は解釈しています。
ですから、幾つになっても人は謙虚で、自他共に誠実であらねばと思っています。
反省できない人間に成長も発展もありません。
by U3 (2022-11-03 12:26) 

ライス

こんばんは。
ブログについては、自分の場合は趣味の一手段でしかないので、
(精神的にも体力的にも)負担になったらやめればいいやと気楽にやって続いてます(笑)
U3さん記事は参考になりますし、マイペースで気が向いたら更新いただくと嬉しいですが。

当方はアメーバブログでサブブログ(ほぼ同じ記事)がありますが、
SSブログと同じく、仲良しクラブや虚偽情報(人の目につきやすい)、
タイムスタンプ更新、過去記事再投稿などなど多くて、
多いだけに法則性みたいなのも感じて調査してみましたところ、
胡散臭いブログで稼ぐ講座などで教えてるようですね。
その教えられた人が集まり、稼ぐために暴走した考え方になり、
新しい情報のアップデートもできず、怪しい宗教集団みたいなるようです(笑)
金の亡者になるとそうなるのね、というのがわかりました。
by ライス (2022-11-04 01:06) 

U3

☆ライスさんへ
記事の更新は、手が空いたときに、かつ、気が向いたらということにして下さい('-'*)

st*p-〇〇〇〇やら某トップブロガー連中の、
あの一連の虚偽と欺瞞コメントのオンパレードや、
被害者を装って事情を知らないブロガーの同情をかこつ偽善的行為も、
それこそ何もかもが、みんなみんなGoogle AdSenseで金を稼ぎたいという妄執が、
その根底にあったとういうことなのですね。
まさに金の亡者、金の為なら何でもするというなら特殊〇欺グループとさして変わらない気がします。
大体のメンバーを掴んでいますけど、あの『Tシャツ屋一味』などはその類いでしょう。
メールやオフ会を通して、金にあざとく執着が強い連中が集まった、というところでしょう(^0^)
朱に交われば赤くなるを絵に描いたような一連の出来事でした。

兎に角あの一件で、付き合って良いブロガーと、そうでないブロガーとを明確に峻別出来たのは善きことかな。
これからの人生、人は選んで付き合っていくべきだということが、この一件でよ〜く分かりました。

ところで、かわいそうというかつくづく憐れなのは、
そんな金儲けに手を貸しているとも気づかず(知らずに)に、
自分の記事にnice!を押してくれたからと、
パブロフの犬みたいに条件反射でお礼を押す意識低い系の人達ですが、
それこそ自業自得という気がしてきました。
ある意味、持ちつ持たれつ、馴れ合いの仲なのですね。
以前にもそうしたパブロフの犬さん数名から
「余計なお世話だ!」と、反発買って拒否られているので、もう何も言う気はしません。
何しろ、騙す方も騙される方も、双方悪いのですから。
注意喚起しても直らない、直さないというのであればそう取るしかありません。
それこそお節介は禁物です。特殊〇欺の加担はしたくないしね。
そんなこんなで、これからは意識低い系に見倣って、
放置プレイか、見て見ぬ振りで、SS-BLOGでは通そうかなと(@^▽^@)
それで世の中が丸く収まるのならば(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
by U3 (2022-11-04 16:25) 

みずき

愛・地球博、行きたいなぁと思いつつ
いけずじまいでした。
U3さんのお母様、いい気分転換になったでしょうね^^

学芸員時代に新聞記事のスクラップをしていて
そのために一般紙と業界紙を館で購読してました。
同じ事件でも新聞社によって見出しや書き方、
どちら側の目線で書いてるかなど比べることが
できて勉強になりました。東京新聞は割と俯瞰的と
いうか、きちんとした切り口で記事にしている
印象があります。

by みずき (2022-11-04 23:26) 

Azumino_Kaku

こんばんは。
歳を重ねると人格が顔に現れれてくるように思われますね。
自分の顔や声といったものに自信を持ちたいです。
by Azumino_Kaku (2022-11-04 23:58) 

ハマコウ

中日新聞では前日に「明日をお楽しみに」といったようなことが書かれていたので楽しみに待っておりました。
東京新聞と同様の紙面で驚きました。

by ハマコウ (2022-11-05 00:03) 

U3

☆みずきさんへ
 良い経験をなされましたね。公平に、中庸に、心を置けるのは大事だと思います。
by U3 (2022-11-05 11:53) 

U3

☆Azumino_Kakuさんへ
上辺だけを繕っても、見る人が見れば分かってしまうということでしょうね。
いつまでも謙虚で、尚かつ正直であれば心ある人は、必ずそれを見ているものです。
by U3 (2022-11-05 11:55) 

U3

☆ハマコウさんへ
紙面一枚の表裏同時に全面広告という暴挙(@^▽^@)にビックリしました!
インパクト有り杉!!!
by U3 (2022-11-05 11:57) 

拳客

まぁ・・・あるがままに生きる、あんまりその辺の事を気にしてません。柳緑花紅、好きなんですよねこの言葉。


by 拳客 (2022-11-05 15:42) 

U3

☆拳客さんへ
柳は緑、花は紅ですかぁ・・・禅宗では悟りを開いたことを指す言葉だとか。
それからすると、不正に対して瞋りを鎮められない、つまり悟りを開けない私には無縁な言葉です( ̄∇ ̄)
by U3 (2022-11-05 18:49) 

お散歩爺

最近は新聞の2ぺーじに亘る大きな広告を見かけます。
その広告分の元は取れてるんでしょうかね。
by お散歩爺 (2022-11-05 19:39) 

U3

☆お散歩爺さんへ
ああどうだか(@^▽^@)
by U3 (2022-11-05 21:14) 

まるたろう

うちは地元の地方新聞を取っていますので、ジブリパークの広告は
見かけませんでしたね。
by まるたろう (2022-11-05 21:22) 

Baldhead1010

私は朝日新聞と地元の高知新聞の2紙デス。

高知新聞も結構過激なところがありますよ^^
by Baldhead1010 (2022-11-06 03:26) 

U3

☆まるたろうさんへ
地元情報ありがとうございます。
by U3 (2022-11-08 20:39) 

U3

☆Baldhead1010さんへ
おひさしぶりです。朝日新聞と高知新聞には載っていなかったのですね。
by U3 (2022-11-08 20:41) 

青い森のヨッチン

東京に住んでいたころは東京新聞を購読していました。
ちょっと安かったしね~それと自分が中日ファンだったので他紙に変える気はなかったです。
東京新聞はエープリルフールの日の記事で「金さん銀さんな実は三つ子だった」という衝撃的な記事を載せていました(もちろん四月バカ)。

by 青い森のヨッチン (2022-11-10 22:10)