SSブログ

『弘法にも筆の誤り』は本当か? [真理の探究]

筆記用具2.jpg

<左からパイロット・カスタム743(カートリッジも使えますが、パイロットから出ているiroshizukuというシリーズの、『紺碧』というインクを使いたかったのでCONー70Nというコンバータを使用しています)、パイロット・カクノ透明軸2本(カートリッジ式とコンバータ方式(CON-40)で使用しているが、併用できるのでどちらでも可)、パイロットシャープペンシルS30(最新最強メチャ優れもの、現在売り切れ続出で品薄の人気商品です)、タダで貰った3色ボールペン(タダほどお得なモノはない)、TWSBI(「ツイスビー」と読む。知る人ぞ知る、今人気の台湾の万年筆メーカー)ダイヤモンド580AL・Rプルシアンブルー、同じくTWSBI・VAC700R・IRIS(どちらのTWSBI万年筆も、インク充填方式はプランジャー式)、以上U3『新・七つ道具』で、ありんす>

緊急報告・・・7月7日に『新・八つ道具』になりました!


 今、RICCARDO MUTIが指揮する Mozart の『Requiem』を聴いています。
 わたくしめこの曲大好きなのですよ。葬送曲なのに(*´∀`*)

 因みに妻はイメージが暗いという先入観があるからなのか、はたまた映画『アマデウス』の印象があまりにも強烈だった所為か、イライラするほど大嫌いなのだとか。

 でもねぇ、この荘厳さというか身が引き締まるようなオーケストラと合唱の相乗効果は圧巻だし、私としましてはこの曲が耳に入ると何故か、「さあこれから何かが始まる」、あるいは「何かを始めるぞ」という感覚が沸々と湧き上がって来るのですよ。

 という訳で、朝一番にこの曲を聴くと筆が進むし(実際はキーを叩くのが主だけれど)、イマジネーションが湧き上がり創作意欲が殊の外増すんです! だから、その日の由なしごとを書き綴ったり、趣味で絵を描いたり、本業の執筆活動(とは言っても収入はまったくありませんが)に入る前には、意識してこの曲をBGMにして精神統一を図ると言うか集中力を高めるのであります。

 皆さまは如何?!

 仕事をする前とか、仕事をする時のBGMとか前奏曲とか有るや無しや?


モーツァルト:レクイエム≪クラシック・マスターズ≫

モーツァルト:レクイエム≪クラシック・マスターズ≫

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/08/20
  • メディア: CD
アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: Blu-ray

 という訳で(って、どんな訳じゃい!)、取り上げたレクイエムとはまったく関係のない冒頭の写真。

 それが今回買い求めた、あるいは取り揃えた筆記用具です。ロール式ペンケース(恵方巻きのこと)の中身は、インクを除いては写真の7点となります。

 つまり前回に書いた通り、文字通りの七つ道具!

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(106)  コメント(7) 
共通テーマ:

『弘法筆を選ばず』は本当か? [真理の探究]

ロール式ペンケース3.jpg


 今、Led Zeppelin の『Stairway to heaven』を聴きながらこれを書いています。
 
 ハードロックというよりヘビメタの元祖的存在の伝説のバンド。
 
 Led Zeppelin』(レッド・ツェッペリン)
 
マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【2014/2015リマスター】(2CD)

マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【2014/2015リマスター】(2CD)

  • アーティスト: レッド・ツェッペリン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD
伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】

伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】

  • アーティスト: レッド・ツェッペリン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: CD
プレゼンス <リマスター/スタンダード・エディション>

プレゼンス <リマスター/スタンダード・エディション>

  • アーティスト: レッド・ツェッペリン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: CD
 Jimmy Page (あのジミー・ペイジでありんす!)のギンギンのエレキギターテクとRobert Plant (ロバート・プラント)のシャウトするボーカルで当時の若者を夢中にさせたロックバンドです。
 当時高校生で、ビートルズのジョンとポールのハーモニーとメロディアスな楽曲が好きだった私には、雄叫びともいえるシャウトとギターやドラムの大音響が騒音としか思えず、かなりハードルが高かったロックバンドでした。(*´∀`*) 
 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(159)  コメント(22) 
共通テーマ: