SSブログ
前の1件 | -

〜2022年1月30日と31日の虚実〜 [連載小説]

み〜つけた3.jpg

<2023/09/21 この画像は、『GoogleEarth』より引用しました>
啓発:記事から居場所は容易に判明する。一度ネットに上げれば削除してもLOGは残る。だから安易に記事や写真などブログに載せてはいけないのだ。犯罪に遭わないためにも皆様くれぐれも注意召されよ。

 

 * 文末に新型コロナワクチンの接種に言及した追記があります。是非ともお読みください。


<Preliminary announcement>

前回の記事で書いた通り、本気で暫く休むつもりの私である。

だから言いたいことを書こうと思って、前回最後の長文記事を公開した。

だが様々な制約があって、フラストレーションが少なからず残ってしまった。

なぜなら、ここに限らずどのブログであろうが、1記事に載せられる量には制約があるからだ。

しかも、その制約の最大限度まで書けば、現実には殆どのブロガーは記事をスルーする。

活字離れの傾向が強い、昨今(あるいは今時)の老若男女&ジェンダーフリーな方々も含めて、

拙ブログを訪れたブロガーの大半が、全文に目を通すことは殆どないであろう。

大半が記事の冒頭だけ見て、その後はスルーして最後に<nice!>を押すだけ。ポチッとな!

しかしそれではまったく意味がない。読んで貰えなければそもそも真実に辿り着けないからだ。

否、過半のブロガーは事の真相も事実も真実も、知りたくなどないのが本音だろう。

人はブログに、多種多様な思いや関心を乗せて見に来るが、その大半は楽しさを求めている。

何かを読みたいという欲求を満たすために、わざわざブログを訪れる奇特な人などまずいないのだ。

現実にも、写真や絵画といったビジュアル(視覚系)を重視したブログがメインだし、

キャラクター(文字)中心の、読むブログは極めてマイノリティーだ。それに・・・、

私だって何か読みたきゃ本屋か図書館に行く。ブログでわざわざ長文を見たいとは思わない。

それに今ではポッドキャストやKindleのような電子書籍だって幾らでもある。

現実を見れば、大半のブロガーは私が事実をありのままに、かつ詳細に記述すればするほど、

現実から目を背ける傾向にあるように思われる。そもそも全く無関心だからそうなるのだろう。

また、それらとは真逆に過剰に反応する者さえいる。記述にないドロドロした人間関係を、

書いた文章の行間から自身で補完・補足して見るといった拡大解釈や先入観でみたり、

時に誰かに忖度して事実を曲解するほど、バイアスが掛かってしまう人までいるのだ。

それからすれば、人は(感情の動物ゆえに)見たものを見たままに受け取れない生きものなのだ。

現実の話に内包される事実、あるいは真実を反映した生々しい話であれば尚更その傾向は強い。

今までの経緯を見てもそれは明らかだろう。

私は思う。人々が、事実や真実を知ることは。往々にして怒りや絶望や悲しみを生む。

娯楽を求めて来たのに、そこで予期せぬ現実など突きつけられたら、誰しもそう思うだろう。

それが読む者にとって唐突であればあるほど、戸惑いや時に不快感を抱かざるを得ない。

それに事実なら何でも書いて良い訳ではない。・・・真実となれば尚更だろう。

糅てて加えて、個人情報注)に繋がる恐れのある記述をすれば、倫理的にも法的にも問題が生じる。

注)ブログの<ハンドルネーム>(たとえば『U3』)は個人情報には含まれない。

それにどう書こうが、ここではその全容もその言わんとすることも、伝え切れはしないのだ。

そもそも人々は、火の粉が自分の身に降り掛かって初めて、己の愚かさを知るのだろう。

それまでは私がどう言おうが、どう書こうが、どう訴えようが心に響くことなどないのだと思う。

そこで私は方針を大きく転換することにし、下記の三点を目指すことに決めた。

 

〇自身の信義則(例えば正義感等)を他者に求めない。(他者に判断や答えを求めない)

〇読者の良識を信じ、尚かつ口出ししない。(善悪及び正義や悪の判断は読者に任せる)

〇読んで面白く、続きを早く見たくなる内容にする。(エンターテインメント性を最重要視する)

 

善悪と正誤の見極めと周知・啓蒙を根幹とする私にとって、これはまさにコペルニクス的転回だ。

そこで、私は己の得意とするもので、それ(真実の探求)を成し遂げようと考えた。

想像力(imagination)と創造性(creativity)の発揮がそれだ。事実がそれを補完する。

娯楽性(entertainment)も本来であれば得意とするところだ。

この数年、シリアスになりすぎていたから本来の私に戻ろうと思う。

それにね、何事も左右に振れすぎてはいけないとも思っている。必ず揺れ戻しが来るから。

だとしたらバランス良く、中庸を目指すしかないだろう。

という事情から、それらを念頭に、私は過去の或る出来事をテーマにした小説を書くことにした。

しかしこれは、現実にあった出来事に基づいてはいるが、あくまでも架空の話。

しかも閲覧対象を『本好きの人』に設定して始めたいと思う。

だが今や本好きは少数派(minority)である。それが証拠に・・・

私は気が向いた時にしか書かないのに、『本』分野でのランキングは書かない時でも17位前後。

それでも書けば瞬く間に1位に浮上する。

<本>あるいは<読書>とは、それほどにマイナーでニッチな分野だ。

だが私はそれでも敢えて書こうと思う。

そう決意した以上、『本好きの人々』の豊富な読書量と見識と眼力とに耐えるものとしたい。

であれば子供だましでは駄目だ。ラノベ風は私には合わぬ。大人が読んでも耐えるものとしたい。

そう思い、良識ある皆様の顔を一人一人思い浮かべながら、今こうしてキーボードを叩いている。


以上は、これから公開予定の実話に基づいた小説のお話である。

しかし、冒頭に<Preliminary announcement>とあるようにこれはあくまで<予告>である。

しかもいつ始まるかは未定だ。なぜなら未だ一行も書いてはいないからだ。

いつから書くのかも現時点では決めていない。なにしろライフワーク優先だから。

更に言うならば、私はここ(●●ブログ)で書くかどうかさえも決めてはいない。

書いても、読んでくれないのでは、ここで書く意味はないからだ。

それに運営会社がアレでは、●●ブログがいつまで続くか分からないしね。

だとしたら公開の場を他に求めることも大いにあり得る話だ。

対象としては本好き、しかも推理サスペンス小説、或いは社会派小説が好きな人を想定している。

実話に基づいた犯罪小説や、ノンフィクション小説好きにも読んで貰いたい。

もちろん私の作風はシリアス一辺倒ではない。元来エンターテインメント性を重視している。

ゆえに読み応えのある、一話一話は短いけれど、息の長い小説にしたいと思っている。

つまり<連載小説>である。

更に言うならば、小説の題名だけは決まっている。


『2022年1月30日と31日の虚実』

  副題:フィクションとノンフィクションの狭間で!

 

しかし冒頭で述べた通り、まずは長い休養に入る予定だ。

その間音信不通になるが、小説の執筆が始まったら、

何れ公開時期とその公表の場を明らかにしようと考えている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

と、ここまで思いつくまま書いたが、私はとても気まぐれだし、ここに未練がないのも事実だ。

だから上で書いたことをお約束する訳ではない。

むしろ反故にした方がスッキリして気持ちいいかも。

それに元々、『予定は未定にして確定に非ず』だ!

StreetView.jpg

<冒頭の衛星写真をGoogleEarthのストリートビューで見る>

ストリートビューは重宝する。私は遠くの目的地に行く前に、これで周りの風景を事前に頭に入れて出掛ける。そういえば安曇野に単身赴任した時も、立ち寄るところをすべて事前にストリートビューで確認して、それから車に乗り込んだっけ。これってGoogleEarthの有用な、なおかつメジャーな使い方だよね。

<2023/09/22 16:45追記>

コメントでストリートビューが更新される話が出ていたので、私が以前撮影した、ストリートビューを撮影するGoogle Carの写真を載せておきます。なおこの車、珍しくコンパクトカータイプでしたね。ルーフに載ってるのが360°撮影するカメラですが、駐車場で休憩中だったのでカバーが掛けられているところはご愛敬。

Google_Car.jpg

 

それともう一つ掲載するのが、上記GoogleEarth写真の核心部( ̄∇ ̄)

One_Japanese_tutoring_school.jpg


<2023/09/23 12:10追記>

先日から、『新型コロナワクチン』の最終接種が始まりましたね。

私は今まですべての接種を受けているので今回で7回目となります。

しかし今回は10月に入ってから接種を受けようと思っています。

なぜなら10月から始まる『インフルエンザ予防接種』と同時に受けようと思っているからです。

6回目の時も、新コロとインフル同時接種をして、副反応は単独接種より少なかった。

妻は一週間の間をおいて接種したら、今までで一番副反応が重かったし、顕著に出ました。

まあ副反応も後遺症も人に因りますけれど、同時接種は可能なので、今まで特に何もなかった人で

二つとも接種する予定がある人には、同日の同時接種はお勧めです。

因みに私は、新型コロナに罹患して、その後遺症に悩み苦しむくらいなら、

ワクチンを打った方が良いという考えです。

それに新コロ後遺症は、日常生活に支障を来すだけでなく、生活の基盤を無くしかねませんから。

現実にも約2割の人が後遺障害に悩んでいます。(※これはけして無視できない明確な脅威です)

ワクチン接種後亡くなられた方の報道もありますが、例えば癌に罹患して亡くなる確率と、

インフルエンザに罹って死亡する人の値に比べれば、恐れるほどの致死率ではなく、むしろ

無視しても良いくらいだと私は考えています。

 

人間、先のことは何も分からない。

だとしたら分からない事にあれこれ思い悩み怯えるよりも、勇気を出して一歩前に進む方が良い。

答えのないことに悩まない。遣らないことの言い訳はしない。責任転嫁はしない。嘘はつかない。

それが私の考え。

それが私の生き方。

 

ではでは、また会う日までご機嫌よう。


 

nice!(197)  コメント(34) 
共通テーマ:
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。